内視鏡のよくあるご質問

日本消化器内視鏡学会専門医による

できるだけ苦痛の少ない検査を目指していますので
基本的に静脈麻酔を使用させて頂いています
(但し経鼻内視鏡検査は静脈麻酔は使用しません)

普段から健康を意識してイキイキ生活を、
「まさか!」の事態を迎えない為にも、
「もしや」の不安を吹き飛ばす為にも、
まずは胃と大腸を内視鏡で検査してみませんか??

ご来院いただいて必ず内視鏡を行わなくても構いません。
診察、ご相談のうえで患者さんにお決めいただいているのでご安心ください。

●内視鏡検査20年以上のエキスパートによる的確な検査
●当院は「二子玉川駅」徒歩3分の場所にあります。

2020.05.21更新

胃カメラ検査は内視鏡を口から胃の中に入れて、先端についている超小型のカメラで胃の中の様子を直接モニター画面に映し出して観察します。技術の進歩により、内視鏡はとてもコンパクト(細いものは外径約5mm)になりました。
更に当院では、レーザー内視鏡を使用しておりレーザー光を観察に目的に応じて自在にコントロールし、粘膜表層の微細血管などを強調した画像観察ができます。それによって早期がんもしくは前がん病変の発見がより可能となりました。
検査の方法は経口、経鼻、鎮静下の内視鏡検査と全てご希望にて検査可能です。

検査の手順
胃の中を綺麗にする薬を飲みます(消泡剤) 
のどの痛みを抑え嘔吐反射が起きないように、のどにゼリー状・液体状の局所麻酔薬を塗ります。
鼻から希望の方は、鼻におこないます
体の左側を下にして横向きに寝ます。
内視鏡の管を医師が挿入します。ゆっくりと静かに腹式呼吸をくり返すと楽に検査が受けられます。
空気を入れて胃をふくらませます。ゲップを出さないように深呼吸をして我慢しましょう。
※ ご希望の方は、鎮静剤を使用して楽に内視鏡検査を行うこともできます。

注意…検査日前日は、早めに夕食をすませ、検査当日は、絶食で胃の中を空っぽの状態にしておきます。
お茶や水はとってもかまいません。
緊張をといて体の力を抜いて、ご安心して医師・看護師の指示に任せましょう。
検査後はのどがしびれています。食事はしびれがとれて少量の水を飲んでもむせないようになってからとりましょう。

 生検(生体検査)について

内視鏡検査時に胃粘膜から直接組織を採って調べる「生検(生体検査)」を行うこともあります。
痛くはありませんが小さな傷ができますので、当日はアルコールや刺激物の摂取は避けて頂きます。

生検の病理結果は後日判明しますので、病気が発見された場合は、今後の治療方針をご相談させて頂きます。

当院では受診者の方の検査に対しての不安や苦痛などできるだけ無くし、安心そして安全な胃内視鏡検査をご提供させて頂くようにスタッフ一同取り組んでいます。

投稿者: 医療法人社団ウィズへルス 二子玉川メディカルクリニック

footer_tel_sp.png

  • 便利なアクセス 二子玉川駅 徒歩3分
  • 平日お忙しい方へ 土・日検査可能 胃カメラ 大腸カメラ
  • 内視鏡ドックのご予約
  • 内視鏡専門医がおすすめする 胃・大腸ドック
  • 各種検査費用と保険診療の目安
  • 内視鏡のよくあるご質問
  • 二子玉川メディカルクリニックメインHPへ
  • 二子玉川メディカルクリニック健診サイト
  • 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC