日本消化器内視鏡学会専門医による

できるだけ苦痛の少ない検査を目指していますので
基本的に静脈麻酔を使用させて頂いています
(但し経鼻内視鏡検査は静脈麻酔は使用しません)

普段から健康を意識してイキイキ生活を、
「まさか!」の事態を迎えない為にも、
「もしや」の不安を吹き飛ばす為にも、
まずは胃と大腸を内視鏡で検査してみませんか??

ご来院いただいて必ず内視鏡を行わなくても構いません。
診察、ご相談のうえで患者さんにお決めいただいているのでご安心ください。

●内視鏡検査20年以上のエキスパートによる的確な検査
●当院は「二子玉川駅」徒歩3分の場所にあります。

内視鏡手術

大腸ポリープが見つかったら、内視鏡検査中に切除します。

一般的に、ポリープ=「がん」になると思われていますが、胃の内視鏡検査で見つかるポリープは胃の粘膜が隆起しただけのもので、原則的にがんにはなりません。

ただ、大腸の内視鏡検査で見つかったポリープには、がんになりやすいものもありますので、必要に応じて、その場で切除します。
大腸の内視鏡検査で大量のポリープ、または1センチ以上の大きさのものが見つかった場合は、大きな病院での入院手術をおすすめします。

しかし、そこまでの症状ではない場合、検査中に電気で焼き切ってポリープを切除することが可能です。
その場合、切除したポリープを病理組織検査(生検)に出し、がん細胞が含まれているかどうか、ポリープを取りきれているかどうかを調べます。

また、ポリープの切除後に出血がないかどうかの経過観察、消化のよい食事を取っていただくために、術後数日の入院をおすすめし、そのための病院をご紹介いたします。

footer_tel_sp.png

  • 便利なアクセス 二子玉川駅 徒歩3分
  • 平日お忙しい方へ 土・日検査可能 胃カメラ 大腸カメラ
  • 内視鏡ドックのご予約
  • 内視鏡専門医がおすすめする 胃・大腸ドック
  • 各種検査費用と保険診療の目安
  • 内視鏡のよくあるご質問
  • 二子玉川メディカルクリニックメインHPへ
  • 二子玉川メディカルクリニック健診サイト
  • 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC