内視鏡のよくあるご質問

日本消化器内視鏡学会専門医による

できるだけ苦痛の少ない検査を目指していますので
基本的に静脈麻酔を使用させて頂いています
(但し経鼻内視鏡検査は静脈麻酔は使用しません)

普段から健康を意識してイキイキ生活を、
「まさか!」の事態を迎えない為にも、
「もしや」の不安を吹き飛ばす為にも、
まずは胃と大腸を内視鏡で検査してみませんか??

ご来院いただいて必ず内視鏡を行わなくても構いません。
診察、ご相談のうえで患者さんにお決めいただいているのでご安心ください。

●内視鏡検査20年以上のエキスパートによる的確な検査
●当院は「二子玉川駅」徒歩3分の場所にあります。

2013.10.03更新

胃カメラをする際には、喉の麻酔を行います。口から挿入する場合、嘔吐反射が起こりやすい状況になりますが、鼻から挿入すると、比較的楽に挿入できます。ただし違和感的なものは、やはり感じますので、静脈注射による鎮静剤(いわゆるマスイ)を使用する方法が最も楽にお受けになられます。しかし薬の効果などは個人差がありますので、どの方法が一番楽かは人それぞれです。当院では患者さんのご希望により、どのようなスタイルでも対応致しております。ご希望の方はどうぞ宜しくお願い致します。

投稿者: 医療法人社団ウィズへルス 二子玉川メディカルクリニック

2013.10.02更新

大腸内視鏡検査前の下剤は、2Lの大量の水分を3~4時間で服用します。吸収されませんので、そのまま便に混じり下痢状の排便になります。最初飲み始めの1時間程度は排便がない場合もあり、そこで早いタイミングで下剤を服用していくとお腹が張り、嘔気が生じ、場合によっては嘔吐する場合もありますので、ご自身のペースに合わせてゆっくりお飲みになることをお勧め致します。少し大変なんですが、これをしないと理想的な大腸内視鏡検査はできませんのでご了承して下さい。

投稿者: 医療法人社団ウィズへルス 二子玉川メディカルクリニック

footer_tel_sp.png

  • 便利なアクセス 二子玉川駅 徒歩3分
  • 平日お忙しい方へ 土・日検査可能 胃カメラ 大腸カメラ
  • 内視鏡ドックのご予約
  • 内視鏡専門医がおすすめする 胃・大腸ドック
  • 各種検査費用と保険診療の目安
  • 内視鏡のよくあるご質問
  • 二子玉川メディカルクリニックメインHPへ
  • 二子玉川メディカルクリニック健診サイト
  • 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC